バーコード製品

資料請求フォームはこちら資料請求
ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください


バーコードリーダー/ハンディターミナルについて
よくあるご質問

Q1. バーコードを読み取るためのソフトは必要ですか?

読み取り用のソフトは必要ございません。
例えばUSB接続タイプのバーコードリーダーの場合、USBのドライバーが必要ですが、殆どのOSにUSBドライバーが標準でついているため、USBの接続口に繋げていただくだけで読み取っていただけます。

Q2. バーコードの内容はどのようにパソコンに入力されますか?

キーボードから手入力したのと同じように、パソコンのカーソルのある位置にバーコードの数字が入力されます。

Q3. バーコードリーダーで商品に添付されているバーコードを読み取ると、対象商品が表示されるのですか?

メモ帳などで、ただ数字(バーコードの内容)を読み取っただけでは対象商品は表示されません。
バーコード下の目視文字(数字)がパソコンに入力されます。
対象商品をパソコンに表示させるには、バーコードの数字を引数としてひっぱってくる様な仕組みを作成するなど、仕掛け(プログラム)が必要です。
弊社はシステム開発も行っておりますので、ご相談下さい。

Q4. さまざまなタイプのバーコードリーダー(ハンディーターミナル)がありますが、どのような違いがあるのですか?

CCD コンビニエンスストアなどで見かけるタイプです。
バーコードに読み取り口をくっつけて読み取ります。
バーコードにくっつけて読み取るため、バーコードリーダーの口径以上のサイズのバーコードは読みとれませんが、読み取りはとても安定しています。
レーザー レーザーがでており、離れたバーコードでも読めるので、バーコードリーダーの口径以上の比較的長い(大きい) バーコードも読みとれます。
ペン 他のタイプのようにバーコードに光を当てるのではなくバーコードの上をペンでなぞるようにして読みます。
手動で動かすので、大量のバーコードを読み取るのは大変ですが、請求書の端などのちょっとしたバーコードを読むのに適しています。
イメージ カメラのような仕組みになっており、バーコードに焦点を合わせて読み込みます。
ハンディ
ターミナル
バーコードリーダーとハンディターミナルの大きな違いは
1.ハンディターミナルは本体に読み込んだバーコードの
  データを貯蓄することが可能です。
2.本体にキーが付いているので、英数字を手入力可能です。
3.ハンディーターミナル内のアプリケーションを
  お客様向けにカスタマイズできるので、
  お客様ごとの業務に柔軟に対応する事ができます。

Q5. バーコードリーダーの設定変更はどのような事ができるのですか?

バーコード読み取り後、Tabや改行を付加したり、バーコードの種類を特定したりバーコード以外の文字を(4文字まで)付加する事が可能です。

バーコードリーダーの商品紹介ページ


Copyright 2017 rolan Inc.