バーコード製品

資料請求フォームはこちら資料請求
PDFカタログをダウンロードしますPDFカタログ(約1.2MB)
ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください


バーコード作成ソフト SakuraBar for Windowsは、バージョンアップいたしました。最新バージョンはVer7.0です。
SakuraBar for Windowsの導入をご検討をされている場合は、最新バージョンの「バーコード作成ソフト SakuraBar for Windows Ver7.0」をお選びください。
SakuraBar for Windows Ver6.0は、Ver6.0のユーザ様で追加購入をご希望の場合のみ販売いたします。

最新バージョン「バーコード作成ソフト SakuraBar for Windows Ver7.0」

バーコード作成ソフト SakuraBar for Windows Ver6.0
開発ツールでバーコード作成【バーコード画像】

バーコード作成ソフト SakuraBar for Windows Ver6.0のパッケージ画像ですSakuraBar for Windows ではVB(Visual Basic)やVC++、など様々な開発ツールから呼び出すAPIを公開しております。バーコードを含む帳票の開発など、独自の開発システムからバーコード作成することが可能です。

バーコード作成ソフト SakuraBar for Windows Ver6.0の特長
 - 開発ツールでバーコード作成【バーコード画像】

32bit/64bit DLL

32bitはもちろん64bit対応のDLLで、チェックデジットの計算、バーコード画像ファイル出力等をします。

プリンタ解像度に合わせたバーコード出力

モジュール幅の指定によりプリンタ解像度に合わせたバーコードの出力が可能です。

開発用サンプル付き

様々な言語のサンプルが付いておりますので、簡単にシステムに組込む事が可能です。

【付属サンプル】
 VB.Net, C#, VB6, VC++, Delphi7

開発ツールで表示可能なバーコード【バーコード画像】

・JAN/EAN
・UPC
・ITF(可変)
・ITF(物流 14桁)
・NW7
・CODE39
・CODE128
・GS1-128 [UCC/EAN128] コンビニ料金代理収納用バーコード
・GS1-128 [UCC/EAN128] 医療用バーコード
・GS1 DataBar Omnidirectional [RSS-14]
・GS1 DataBar Truncated [RSS-14 Truncated]
・GS1 DataBar Stacked [RSS-14 Stacked]
・GS1 DataBar Stacked Omnidirectional[RSS-14 Stacked Omnidirectional]
・GS1 DataBar Limited [RSS-14 Limited]
・GS1 DataBar Expanded [RSS-14 Expanded]
・GS1 DataBar Expanded Stacked [RSS-14 Expanded Stacked]

バーコードフォントでバーコードを作成する場合

開発ツールの4種類の関数【バーコード画像】

各バーコードを作成するための4種類の関数が用意されています。

◆ デバイスコンテキストへ描画
指定したデバイスコンテキストへバーコードを描画します。バーの太さ、高さをミリ単位(少数指定可)で指定できます。自動的にデバイスコンテキストの解像度に合わせてバーコードの描画サイズを調整しますのでバーの太さのばらつきをおさえ、読み取り易いバーコードを印刷することが可能です。
◆ デバイスコンテキストへの描画に必要なサイズ取得
描画領域の確保が必要な場合は、描画関数呼び出し前にサイズ取得用関数を使用することにより描画に必要な縦横のピクセル数が取得できます。
◆ ビットマップファイルへ出力
指定したファイルパスにバーコードのビットマップファイルを出力します。バーの太さ、高さをドット単位で指定できます。
◆ クリップボードへ出力
クリップボードにバーコード画像を出力します。バーの太さ、高さをドット単位で指定できます。

開発ツールでのバーコード作成イメージ【バーコード画像】

バーコード作成イメージ(デバイスコンテキストへ描画)

バーコードにしたい文字列と描画座標、サイズ(mm)、描画するデバイスコンテキストへのハンドル(HDC)を関数に渡します。

バーコードにしたい文字列
描画開始座標
サイズ等
HDC(プリンタのHDCまたは描画するオブジェクトのHDC)
DLL
デバイスコンテキストへの描画関数呼び出し
印刷実行
※バーコードの印刷範囲は、サイズ取得用関数で縦横のドット数で取得することができます。

バーコード作成イメージ(帳票ツールへの埋め込み)

バーコードにしたい文字列と描画座標、サイズ(ドット)をファイル出力関数に渡します。

帳票ツールでビットマップファイルの参照設定をしておく
バーコードにしたい文字列
サイズ
DLL
ビットマップファイルへ出力

▲UP

バーコード作成ソフト SakuraBar for Windows Ver6.0


Copyright 2017 rolan Inc.