バーコード製品

資料請求フォームはこちら資料請求
PDFカタログをダウンロードしますPDFカタログ
ご不明点はお気軽にお問い合わせくださいご不明点はお気軽にお問い合わせください


FileMaker®上で簡単バーコード作成!「SakuraBar PLUS」
FileMakerでの医療用GS1-128バーコード作成

SakuraBar PLUS シリーズは、医薬品医療材料で多く使われている医療用GS1-128バーコードをFileMaker Pro上に簡単に作成することができます。
スタートキャラクタ、チェックデジット、FNC1は自動で付加します。
バーコードの下の目視文字もAIに括弧を付け表示可能です。

FileMakerでの医療用GS1-128バーコード作成イメージ

FileMakerでの医療用GS1-128バーコード作成イメージです

※対応AIは、(01)商品コード、(17)有効期限、(30)数量、(10)ロット番号、(21)シリアル番号です。いずれか1つ以上のAIデータより医療用GS1-128バーコードが作成できます。

FileMakerでの医療用GS1-128バーコード作成方法(Mac/FileMaker Pro15)

※OS、FIleMakerのバージョンによって名称、画面などが異なります。

1. プラグインファイルとバーコードフォントをインストールします。

2. FileMakerを起動し、医療用GS1-128バーコードを表示するフィールドを作成します。
ここでは、医療用GS1-128バーコードを表示するフィールド名を「医療用バーコード」とします。
「医療用バーコード」フィールドのタイプを計算にし作成ボタンをクリックします。

医療用GS1-128バーコードを表示する計算フィールドを作成します

3. [計算式の指定]ダイアログが表示されるので、外部関数を表示し[RBAR_ConvMED(引数)]を選択します。
引数を入力し(付属サンプルよりコピーできます)、 計算結果をテキストにし、OKボタンをクリックします。

医療用GS1-128バーコードを表示する計算フィールドの計算式を指定します

4. レイアウトモードにし、「医療用バーコード」のフォントを『Sakura UEv』、フォントサイズを40ポイント以上の読み取りの良いサイズにします。

医療用GS1-128バーコードフィールドのフォントを医療用GS1-128バーコードフォントSakura UEvに変更します

5. ブラウズモードに戻ると医療用GS1-128バーコードが表示されます。

医療用GS1-128バーコードが表示されます

6. [RBAR_ConvMED(引数)]関数を使用して、医療用GS1-128バーコードの目視文字も表示できます。

医療用GS1-128バーコードの下に目視文字も表示できます

▲UP

バーコード作成ソフト「SakuraBar PLUS」の詳細ページへ


Copyright 2017 rolan Inc.