新型コロナウイルス感染拡大防止のための業務変更についてのお願い

郵便カスタマバーコード作成ソフト YuBar Ver4.0
開発ツールで郵便カスタマバーコード作成

VB.Net, C#, VC++ 等でDLLを使用した郵便カスタマバーコード作成機能の使用が可能です。
郵便カスタマバーコードはバーコードフォントで表示します。
住所2データから郵便カスタマバーコードに必要な文字列を抽出する関数も付いています。

開発ツールで郵便カスタマバーコード作成

DLLの機能

住所データの文字情報の切り出し、チェックデジットの計算、カスタマバーコードフォント用文字列への変換、バーコード生成のBMPファイル出力、クリップボード出力、デバイスコンテキストへの描画機能を提供します。
32bitDLLおよび64bitDLLが付いています。

デバイスコンテキスト描画について

デバイスコンテキストへの描画機能では、引数により渡されるデバイスコンテキストハンドルへ郵便カスタマバーコードを描画するため、各種オブジェクトへ描画することが可能となります。

Visual C#, VB の場合

BitmapクラスのGraphicsのhDCを渡せばBitmapへ描画することができ、PrintDocument.PrintPageイベントのGraphicsのhDCを渡せば郵便カスタマバーコードを印刷することができます。
また、Imageクラスへ描画したバーコードを動的にクリスタルレポートへ設定することも可能です。

BMPファイル出力/クリップボード出力について

デバイスコンテキストハンドルが取得できない環境(例えばVBA等)の場合もご利用いただけます。

郵便カスタマバーコードをフォントで表示

画像と違いフォントで表示するバーコードなので、容量が軽くスピーディにバーコードをご利用いただけます。
大きさはフォントサイズを変更することで調整します。

郵便カスタマバーコードをデバイスコンテキストへ描画

モジュール幅の指定によりプリンタの解像度に合わせた出力が可能なため、バーコードの印字精度が向上します。

住所2から必要な文字列を抽出する関数

住所2テキストデータより郵便カスタマバーコードに必要な文字列を抽出する関数も付いています。
【例】住所2:1丁目1番8号 日石横浜ビル9F → 抽出文字列:1-1-8-9

サンプルソース付き

VB.Net, C#, VC++ のサンプルソースが付いています。

開発ツールでの郵便カスタマバーコード作成イメージ
バーコードフォントを使用した郵便カスタマバ−コード生成機能による開発

1 予め住所を町域名までの住所1と町域名以降の住所2に分割しておきます。

神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1番8号 日石横浜ビル9F
神奈川県横浜市中区桜木町

住所1
1丁目1番8号 日石横浜ビル9F

住所2
町域名までの住所(=7桁の郵便番号)
町域名以降の住所(住所表示番号)

2 DLL関数を呼び出し、郵便番号と住所2から郵便バーコード変換文字列を作成します。

〒231-0062
1丁目1番8号 日石横浜ビル9F

【1】
町域名以降の住所(住所2)からカスタマバーコードとして必要な文字情報(住所表示番号)を切り出します。
2310062
1-1-8-9

【2】
郵便番号と住所2から切り出した文字情報、チェックデジット、スタートコード、ストップコード、制御コードを付加します。
スタートコード 23100621-1-8-9 制御コード チェックデジット ストップコード
[23100621-1-8-9dddddd5]

DLLの処理

【1】住所2から 郵便バーコードとして必要な文字情報を切り出します。

【2】7桁の郵便番号と、切り出した住所2のデータにチェックデジット、スタートコード、ストップコード、制御コードを付加した郵便カスタマバーコードの変換文字列が作成されます。

3 変換後文字列データをカスタマバーコードのバーコードフォントに置き換えます。

[23100621-1-8-9dddddd5]
郵便カスタマバーコード見本

開発ツールでの郵便カスタマバーコード作成イメージ
デバイスコンテキストへの描画を使用した郵便カスタマバ−コード生成機能による開発

1 バーコードにしたい文字列(郵便番号と住所2)と描画座標、サイズ(mm)、描画するデバイスコンテキストへのハンドル(HDC)を関数に渡します。

バーコードにしたい文字列
描画開始座標
サイズ等
HDC(プリンタのHDCまたは描画するオブジェクトのHDC)
DLL
デバイスコンテキストへの描画関数呼び出し
印刷実行

※バーコードの印刷範囲は、サイズ取得用関数で縦横のドット数で取得することができます。

郵便カスタマバーコード作成ソフト YuBar Ver4.0 カタログ

下記「YuBar Ver4.0 カタログダウンロード」をクリックすると、PDFカタログがダウンロードできます。

YuBar Ver4.0 カタログダウンロード